20歳の頃、10万円もするブランドのリュックをクレジットカードで購入しました。

私が20歳だった頃、フリーターでしたがアルバイトのお給料が月18万円程度有りました。
その頃、スーパーなどで試食販売のデモンストレーターをするアルバイトで有った為、毎日のようにストレスがとても溜まり、バイト中は好きなお洒落も出来ないので、休みの日は毎週のように隣町にある、デパートへウィンドーショッピングに出掛けていました。
そんな私の目に留まったのは、旅行鞄で有名な茶色い革製ブランドのリュックだったのです。
ディスプレーに入っていた、そのリュックはとてもお洒落で、同年代の若い女性なら誰もが羨み・バイト代を貯めてでも買いたいと思う物でしたので、私もすぐに欲しくなりました。
しかし金額が10万円。私のバイト代の半月分は一回で飛びます。
その場は「高いからバイト代を貯めて買おう、定番の商品だし売切れる事は無いわ。もし在庫が無くても、取り寄せて貰えば買えるし」と思い、その日は諦めて帰宅しました。
しかし、次の週、友達と食事をした時に、友達が私が欲しかったあのブランドのリュックを持っていたのです。
「そのバッグどうしたの?凄く高いよね?私も隣町のデパートで見かけた時、欲しかったんだけど、
高くてバイト代貯めて買おうと思って諦めたの」と話すと、友達は「私はクレジットカードで10回払いで買ったよ。毎月1万円くらいの返済だし全然、バイト代で払える金額だよ」と話してくれました。
私も、隣町のデパートでは良く買い物をしていた為、デパートが発行しているクレジットカードを所有していました。
友達と食事を終えた、その足で隣町のデパートまで行き、ずっと欲しかったブランドのリュックを20回払いで購入しました。
デパートが発行しているクレジットカードなので分割の回数も、かなり多く、1回の支払い金額も、
5000円程度なので、バイト代でも心配無く支払える金額でした。
早速、友達に「あのブランドのリュック買ったよー」を電話で報告し、友達とお揃い

クレジットカードを持ってない方はキャッシング融資をご利用下さい。

消費者金融でも総量規制対象外のサービスとは

総量規制により、年収の3分の1以上の借金をする事は出来ません。

年収の3分の1以上のキャッシングやローンを組みたいならば、総量規制対象外の銀行への融資申し込みが望ましいです、消費者金融は総量規制にひっかかるので、年収3分の1以上の借り入れは基本的に出来ません。

しかし、消費者金融の中でも少量規制対象外のサービスがあります、それはおまとめローンという多重債務状態の人が、複数業者からの借金をひとまとめにする、返済の為のサービスです、新規で借り入れするのではなく、今ある借金を一社に纏めてしまう事で、利息を緩和させて支払を行いやすくするサービスです。

1社毎に50万づつの借金があれば、年率18%取られますが、50万の借金を3社にしている場合、纏めてしまうと150万円になります、そうなると利息制限法により、利息が下がるので大変返済が有利になります。

借り入れ元本の額が10万円未満の場合は年20%、10万円以上100万円未満の場合は年18%、100万円以上の場合は年15%という風になっているからです。

なので、消費者金融でも総量規制対象外として年収の3分の1を超えた借り入れは可能な場合もあるのです。

基本的におまとめローンを行うような状況はあまり良い状況でも無いので、やはり多重債務にならないように借り入れを行うのが望ましいでしょう。

キャッシングを行えば、返済の事を真っ先に考えて、利息についての計算や返済の計画を立てて使用しましょう、そうすれば返済に苦しむような借金を行う事もありませんし、多重債務状態になる事もありません。

まずは借り入ればかりに目を行かせずに、返済に目を行かせてから利用しましょう。

いずれにしても総量規制上限枠まで借りるのは望ましく無いです。
大きな買物や借金は、住宅購入のような場合に必要になる事はありますが、ただ遊ぶお金の為だけに大きく借金するのは危ないです、自分の収入の範疇で無理の無い借り入れがどれ位なのか判断して上手く活用しましょう。

借入残高が減ってきてから借り換え

住宅ローンの残高がかなり減ってきてから借り換えをするのは可能で、メリットはあるのでしょうか?

住宅ローンの借り換えにメリットの大きい商品が増えているために、残りは少なくなってきているけど、借り換えしたいと思う人もいます。住宅ローンの支払いが負担になっている人は多いので、心理的にも仕方がないかもしれません。

借り換えをおすすめできる条件としては、
・残りの返済期間が10年以上あること
・借り換えの金利差が1%以上あること
・借入残高が1,000万円以上あること
という3点があげられます。

住宅ローンの借り換えは、上の3つの条件を満たしている場合であれば、諸費用を考えてもメリットがあると考えられています。

そのため、残りの返済期間が10年未満という借入残高も減ってきている人は、早期完済を目指した方がメリットは大きいと考えられます。

この条件は、住宅ローンのパンフレットなどにも解説されていることが多いので、説明書はよく読んでしっかりと検討しましょう。パンフレットなどでは数値を出して説明されていることも多いため、具体的な数値で理解できますから確認しましょう。

住宅ローンの借り換えでは、大きな残高があること、1%以上の金利差があること、長期の返済期間が重要視されることです。

残高が少なくなってからでは、借り換えをすると手数料や諸費用は新規で借り入れるときと同様にかかるため、その負担が大きくなってしまいメリットが少なくなってしまうのです。残高によっては、手数料や諸費用などが、借り換えで減らせる返済総額より大きくなってしまうかもしれません。

住宅ローンに借り換えにおすすめの商品が増えているからといって、焦って手を出してしまわないように注意が必要です。

住宅ローン残高が少なくなってきて、早期完済を目指したために、無駄な金利出費をしてしまっている人も少なくありません。金利の高いサービスに手を出さないように、十分に考えたうえで行動することが重要です。

借り換えローンを取り扱う金融機関

住宅ローンの借り換えが増えているといっても、住宅ローンを取り扱っている金融機関はいくつかあります。新規購入の際に金融機関を選ぶことも大切ですが、借り換えのときにも自分に合った金融機関を選ぶことは非常に重要なことです。

自分に合った金融機関を選ぶには、まずは金融機関をよく知る必要があります。

住宅ローンの金融機関を選ぶのは、預金を預ける金融機関を選ぶのとは違います。預金は自分のお金を銀行へ「貸す」ことで、住宅ローンは「借りる」ことです。根本的に違いますから、正しい判断で選ぶことが大切です。

ここでは住宅ローンを取り扱っている金融機関についてご説明しましょう。

・財形住宅融資
勤務先から住宅手当、利子補給、車内融資などの援助が受けられる人や、新築マンション購入などで借り入れる時期まで時間のある人などは、この財形住宅融資を検討することができます。サラリーマンには魅力のある住宅ローンです。

・民間金融機関
住宅を購入したときだけではなく、借り換えにも利用できるさまざまな商品があります。金利のキャンペーンや各種保険が付帯するなど、取り扱う金融機関もメガバンクから信用組合、ネット銀行までさまざまです。借り換えでメリットを得たい人にも合っています。

・ノンバンク
個人事業を営んでいる人や賃貸併用、投資物件、特定ハウスメーカー専用住宅を購入するなど、特別なニーズに対応する商品を提供しています。メーカー系ノンバンクや独立系ノンバンクがあります。借り換えを考えている人にもメリットがあります。

・フラット35取扱金融機関
フラット35は、借入金額が住宅取得価格の80%以内であれば、金利と手数料のみで選択してよいものといわれています。聞いたことのない金融機関がフラット35を取り扱っていたときは、証券化という仕組みを利用しているために、長期固定低金利ローンが可能になっているのです。住宅ローンの商品性としては、フラット35はほぼ一律ですからおすすめの商品です。

他にちょっとした時にモビットATMで簡単に借入や返済ができるので便利です、困ったはモビット!